Install this theme
画力や文章力って評価されやすいけど「構成のうまさ」って気づきにくいんですよね。天才と呼ばれる人達ってこの構成力が完璧で、例えば『カリオストロの城』はなんの紹介もなくセリフもほぼゼロなのに、冒頭だけでルパンが泥棒であること、信頼する仲間がいること、偽札が鍵なことを紹介しきるという。
早く多く間違えると、進展は早い
早く多く間違えよう:DESIGN IT! w/LOVE (via haru012) (via petapeta) (via kml) (via gkojax)
2009-08-04 (via gkojay) (via huzitaka) (via donjarahoi) (via miyatch66-txt) (via edieelee) (via sparrow5111) (via haru012) (via wonderthinkanswer) (via asanuma) (via kkj114) (via haru012) (via kiri2) (via edieelee) (via toreq) (via okazbb) (via zocchi) (via haru012) (via 58n-bot) (via cannawithorange) (via pgtwitter)
人間は仲間に対する義務があるばかりでなく、全人類に対する義務があるというのが、おかしなことだが、いまでは自明だとされている。この「責任の原理」が、論理に対して、考えられる最大の重荷、すなわち人類の未来という背負いきれない負担を課しているのである。そのさい、そもそも未来があるかどうかということ、つまり生き延びることができるかどうかということが、問題の核心とされるのだ。
『世界コミュニケーション』 ノルベルト・ボルツ (p.265-266) (via do-nothing) (via nemoi)

つまり、小保方博士の研究結果は、肯定されたわけでも、否定されたわけでもない。まさしく△。将来、結果的に〇になることもあれば、残念ながら×になることもある。だが、仮に×になったとしても、小保方博士の研究結果は、「細胞の初期化メカニズムに迫る上で、極めて有用です」という山中教授の言葉どおり、意味のある発見なのだ。

いずれにしても、この△を△だと認め、どうしたら○にできるかをとことん考えさせ、○に近づくための議論をとことんして、実際にとことん試してみる。そのめんどくさい作業を繰り返すことのほうが、「白黒を早急に見極める」ことよりも大切なんじゃないだろうか。

それを、今、まさしく「ING形」でやろうとしているのだから、それはそれでいいじゃないか。 小保方博士だって、「100年後の実りを信じて頑張りたい」と言っていたじゃないですか。

いったいなぜ、外野たちが、勝手なコメントを言い、「〇か?×か?」みたいな報道ばかりが繰り返されるのか?

この作品が「ヒーローはどうあるべきか」ということについてあんな結末を語ってしまった時点で、これは単にしょうもないものだと判断しなければならないのではないか。「みんなが清廉潔白なヒーローだと思っていた人は本当は醜いダメ人間だったけど、でも美しいヒーロー像が壊されると一般大衆が絶望するので、ウソをつきとおしてヒーロー像を守ります」って、なんなんだそれは。つまりノーランが言いたいことは、「僕自身は醜い真実に直面しても大丈夫だけど、一般大衆には美しい幻想が必要なので、ちゃんと作ってあげないとダメなんだよ」ってことか。

 こんなに人を馬鹿にした態度があるだろうか。いや、例えばジジェクあたりなら「この作品を一般大衆が広く見ることで、一般大衆のそれぞれが自分以外の一般大衆をメタ的に語る視点を獲得し、その視点そのものを共有することが可能になる」みたいな論陣をはることも考えられるが、そんな空虚なたわごとも全てひっくるめてうんざりする。

 ノーランは、自分を他人より上の視点に位置づけている。しかしそこに自己に対する反省・検討はなく、完全に無根拠なものにすぎない。そして、「ダークナイト」という言葉は、ノーランがみくびっているような軽い言葉ではない。清廉潔白な理想のヒーローが「ホワイトナイト」で、その「ホワイトナイト」のイメージを守るために汚れ役を引き受けるのが「ダークナイト」って、そんな単純で幼稚な図式を描いておいて、何かうまいことを言ったつもりでいるのか?

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/29(水) 21:54:25.66 ID:3YdnWgcL0 

信じることから始まったのが宗教

疑うことから始まったのが科学

最近知った名言だけど大好き

車内放送
車掌「おい、今日○○(たぶん飲み屋の名前?)行こうぜ?」
運転手「いいね」

車内の乗客ポカーン

車掌「おい、マリちゃんも呼ぼうぜエヘヘヘ」
運転手「おっいいねエヘヘヘ…あっ!!」
ブツッって切れた

乗客みな耳を疑う

30秒後
車掌「大変失礼致しました
わたくし春の陽気で浮かれてしまい、大っ変申し訳ございませんでした」
「今後このような事が無いよう職務に励み、プライベートは仕事に持ち込みません」
って。

あまりに正直過ぎて車内みんなで笑ったw
したらおっさんが車掌室の方向に向かって
「頑張ってマリちゃん落とせやー!」
ってデカい声で言ったから車内大爆笑www
幸せ電車だったよw

647 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2014/02/27(木) 14:19:25.26 ID:gT+woS6R0 [1/1回(PC)]
  チヤホヤされるの大好き不思議ちゃんが引き起こしたお花畑騒動だと思ってたら
  一気に生臭い刑事犯罪くさいお話へと風向き変わってまいりました


  290 名前:名無しゲノムのクローンさん[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 12:02:29.96
  これ、本文よりもコメント欄が鋭いところをついて投稿してるなあ
  http://stapcells.blogspot.jp/2014/02/blog-post_48.html
  経営が追い詰められてたセルシードがSTAPの虚偽情報で新株発行に成功して、
  息をふきかえした「ストーリー」が見えてくる。


  302 名前:名無しゲノムのクローンさん[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 12:07:02.12
  »290
  »2014.01.30
  >第 11回新株予約権(行使価額修正条項付)の大量行使に関するお知らせ
  >http://contents.xj-storage.jp/xcontents/77760/7c5fd61f/ba4e/4bc0/8803/66ec2f83437b/140120140130095930.pdf
  >※1月30日付で約4億円獲得

  あ、実マネー摘んだのか。
  1月30日ってことは、Nature発表と連動している疑いが非常に濃いね。
  これはセルシード側の関係者は事情聴取までは行くな。
http://www.logsoku.com/r/newsplus/1393450025/647

 プレスリリースや記者会見はそれより前にやっていますが、STAP論文はNature 2014年1月30日号であり、タイミング的にはドンピシャです。ただ、これだけじゃ問題にならないんじゃないの?とは思います。
人間というのは、どのような気の利いた警句やありがたい本を読もうとも、実際に体験して、「ああ、あれはこういうことだったのか」と腑に落ちる瞬間がないかぎり、なにも読み取ることができないものである。
「二度寝は、脳が起きている“レム睡眠”状態。体は眠っているので、外界から受ける刺激がソフトに感じられます。枕や布団の感触がいつもより柔らかく、心地よく感じられるのはこのためです」